「葬儀費用がない!」突然の冠婚葬祭…あわてず現金を作る方法とは

冠婚葬祭 費用

葬儀費用がない場合はどのようにすればいいの?

故人が生前社会保険や国民健康保険に加わっていた状況下なら、埋葬料や葬祭費が支給されます。また、市民葬を行うのも一つのやり方です。葬儀費用がない時は、とにもかくにも市役所や区役所に相談してください。

葬儀費用がない場合はどうする?

葬儀費用の平均額は199万円ですが、いきなりの不幸に
そういった大きな額のお金は用意できないと慌てふためいてしまう方も
多くいます。

通夜や告別式をやらないで遺体を直接火葬場に運ぶ
直葬という形を選んでも20万円程度の費用は必要です。

多くのケースは香典で相殺することができますが、
そうは言っても足りない場合には一体どのようにしたらよいのでしょうか。

故人が生前社会保険や国民健康保険に加わっていた場合には、
葬祭費や埋葬料が支給されることになりますので、これを役立てましょう。

故人が生前に国民健康保険に加わっていれば、喪主など葬儀を行った人に葬祭費が支給されることになります。

地域によってその金額は異なってきますが、東京23区は一律7万円が支給してくれます。
他の自治体でも3万~5万円程支給してくれます。

また、故人が75歳以上で生前に後期高齢者医療制度に加わっていたというケースも葬祭費が支払われます。

健康保険に加入していた場合、葬儀を執り行った扶養家族には
一律で5万円の埋葬料が補助金として支払われます。

こういった補助金は、申請をすることで受けることができるので、忘れることがないようにご留意ください。

故人が国民健康保険加入者の場合、市役所や区役所で届け出をします。
健康保険に加わっていた場合には、全国健康保険協会の各都道府県支部に申請を行うことが必要です。

冠婚葬祭 費用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする