「専業主婦で家計が苦しい!」やりくり方法で変わる!唯一の打開策!

家計が苦しい場合にはクレカ現金化で即日キャッシュ!

「今度は確実に貯蓄する!けど、何から整えていけばいいかわからない」誰かしら、こういった悩みは持っていると想定されます。では、月毎の給与の活用方法はどんな風な形があるべき姿なのでしょうか?具体的に見てみましょう。
貯蓄するなら、まずは家計の内訳を見定めることから始めよう
家計のやりくり黄金比率にあてはめ必要経費づくりをする
2:6:2の法則とは?
家賃
保険料
食費
光熱費・水道代
通信費
被服・美容代
交際費
雑費
自己投資費
貯金
現実的にやりくりをしてみる
貯蓄するなら、まずは家計の内訳を確認することから始めよう

「さあ!必ず貯めるぞ!」とイメージしたら一番にするべきことは、家計の実態を認識することです。 お給料もそれなりにもらってるのに、思ったほど貯金が実現できていないなら、「何に」「いくら」かけているのか、きちんと理解できていないのかも。ざっくりでもOKだからノートに書きだしてお金の使い方の方向性を掴みましょう。 いわずと知れた貯金成功のための原則的には、先取り貯金。貯蓄に回すお金を引いた残りが生活費です。当然、給与としてもらった金額よりは減りますので、考えずに使ってしまうと家計が逼迫することにもなるかもしれません。

食費や住居費など、家計の費目ごとに予算を組み上げて、そのなかでやりくりする習慣を身につけましょう。

家計のやりくり黄金比率にあてはめ予算づくりをする

「何に」「いくら」使っているかの確認することができたら、その次は「何に」「いくら」使って良いかの予算組みをしていきましょう。 いつも通りにお金を貯めるためには、希望通りの家計釣り合いを保つこと。そのための「やりくり黄金比率」を耳にしたことありますか? 手取り収入に対する各費目の割合を守ることで、貯蓄もできて、問題なく生活も楽しく過ごせます。

もちろん必要な費目や希望の比率は、家族構成や生活サイクルによっても異なります。 1人暮らしなら住居費を欠かすことが出来ませんが、実家暮らしなら不要という具合に。代わりで実家暮らしなら、家へ入れるお金が出てくる可能性があります。

仮にあなた自身が1人暮らしシングルとして、家計のやりくり黄金比率をみてみることをオススメします。(手取り月収 25万円) ここで明確にしておきたいのが、「2:6:2の法則です」。

2:6:2の法則とは?

「2:6:2の法則」というのは、手取り収入をこの2:6:2の割合で「貯金・生活費・自己投資」の項目に当てはめる方法です。 貯金=2割、生活費=6割、自己投資=2割の金額を、貯金や自己投資に割り当てることによって、毎月一定額の貯金や自己投資を行うことが出来ると考えられます。 始めのころは「厳しい」と感じるかもしれないのですが、慣れてしまえば、いつの間にかお金がたまるスグレモノです。

家賃

家賃は手取り月収の25%までが理想。手取り月収が25万円だとすれば、家賃は62,500円。 居住地によっては難しい場合もありますが、家賃は金額も大きく、一旦決まると毎月決まった金額が出て行く固定費です。節約に成功したらその効果は持続する家賃は頑張って節約したい費目のひとつです。

保険料

4%(6,000円)がスタンダード。賃貸暮らしなら火災保険への加入は不可欠です。生命保険は、シングル女性の人は大きな保障は不要ですが、女性保険など入院保障は備えておくことをおすすめしますよ。

食費

外食を合わせて15%(22,500円)までに。総務省の家計調査(2015年)の平均額45,552円(34歳以下・シングル女性)の食費と比較対照すると僅かですが、自炊を心掛けてれば無理な金額じゃないと考えます。 自炊やお弁当持参で、節約を忘れないようにしてみることをおすすめします。

光熱費・水道代

5%(7,500円)を目標に。平日の日中は不在の働き女子なら問題なくこなせるはず。ジムや水泳に行くついでにシャワーを外で解決するなどすれば、水道代はそんなに必要ありません。

通信費

5%(7,500円)程度が最も良い方法です。 スマホの普及で自宅でのPC使用頻度が減っているみたいですね。ならば、デザリングを使えばプロバイダ料も必要ではありません。LINEやSKYPEなどの無料通話も上手く使用することをお勧めします。ただしパケット定額制に登録しておきましょう。

被服・美容代

働き女子には必要な費目ですが、8%(12,000円)を目標にして。ファッションは毎月ではなくセールでのまとめ買いでも、月当たり予算に換算して。

交際費

9%(13,500円)。黄金比率費用では女子会昼食は食費に含まれています。このページでは友人の結婚祝いや出産祝いなどのご祝儀はここから出すようにしたいと思います。

雑費

生活日用品などの雑費は5%(7,500円)を目処に。100均ショップや薬局などで賢くショッピングをするのがコツですが、おトク感から必要以上の大量買いをしすぎると反ってムダも招くので注意して。

自己投資費

2:6:2の法則を利用し、自己投資費は収入の20%(5,0000円)。当然仕事に関する物のみでなく、オンナ磨きやお金のカルチャーに少しお金を使ってみるのもGOODです。

貯金

こちらも自己投資費用同様、2:6:2の法則を活用して、しっかりと20%(5,0000円)は割きたいものです。この金額が将来の自分をフォローしてくれるかもしれませんよ。

現実的にやりくりをしてみる

自分の家計の現在の状況と、理想的バランスで出てきた予算を比べていきましょう。大きくずれていると改良が必要不可欠ですが、多少のズレならOKです。 お望み通りの家計バランスはあくまでも参考にすぎません。個人個人で「このポイントだけは譲れない」というものはあるのは間違いないはず。 例として、保安性のしっかりしたマンションに住みたいから首都圏でなくても賃貸料金がかかる、ということもあります。そういったケースでは、その分「食費を抑える」「お洒落は我慢する」などして、費目間でのやりくりをすれば問題ないです。 また、同等費目内でのやりくりも欠かせません。

仮に、結婚式へのお呼ばれは、良く知られているご祝儀相場は3万円。そのうえ美容院代などで毎月の予算は軽々超えてしまうことになります。 予算は基本的に予算。 一ヵ月の交際費として17,500円使わなくてはいけないというものではございません。 毎月25万円の給料のうち、17,500円を交際費用として取りおくということであります。月々17,500円取っておけば年間で21万円になるので、この21万円の中でご祝儀やお見舞いなどの人付き合い費をやりくりしていけばうまくいくと思います。

予測貯金はお上手に貯める秘訣ですが、やりくりできずに貯蓄を取り崩すのでは無駄になるだけです。第一段階は黄金比率を利用しながら、やりくり上手を目指しましょう。

家計が苦しい場合にはクレカ現金化で即日キャッシュ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする